忍者ブログ
ジャンルはカテゴリーから選択してもらったほうがよろしいかと 思われます...。荒らし、中傷的な言葉等はお控えください。以上お約束していただける方のみ、おくつろぎください(笑)。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    懺悔の紅色 (3×5)

    彼奴と初めてであったのは、
    俺が三仏神の命をうけて八戒を探していた時だった。
    正確には、八戒ではなく、猪悟能と言う名だったが。
    町で、ある男が猪悟能をかくまっていると話を聞いて、
    俺は町外れにある小さな家を訪れた。
    戸を叩くと、
    中から聞こえたのはかなり気の抜けた声だった。
    暫くして戸が開いた時に出てきたのは、
    長い髪の...。
    「...?、あんた男か?」
    つい心の声が出てしまった。
    「俺が女に見えてんなら、いい眼科紹介するぜ?」
    長い髪の、男だった。
    暗闇であまり分からないが、紅色の髪だ。
    この髪の色は...。
    「...んで、何のよう?」
    「あぁ、夜分遅くにすまない。人を探している」
    そう言うと目の前の男は一瞬目を見開いたが、
    何も知らないと言う素振りを見せた。
    嘘が苦手のタイプらしい。
    「嘘をつくといい目にはあわん。
    罪人を匿えば、同罪になる」
    「んなこと言っても、知らねぇもんは知らねぇの。
    つーか、何で坊さんが罪人探してんのよ?」
    らちがないので俺は男の家のドアノブを握った。
    その時、男は条件反射なのか知らないが、
    俺が手を捻る前にそれを阻止した。
    「ふほーしんにゅう」
    「まだ入ってはいない」
    かなり近くに顔がある。
    このまま口を割らないようだったら、
    このまま犯してしまおうかと考えたが、
    流石に止めといた。
    猪悟能を何故匿っているかは知らないが、
    俺を真っ直ぐ見つめる紅色の瞳は
    こんなにも外が真っ暗なのに、
    月の光ひとつで美しく輝いていた。

    ──トラワレル。

    その考えを振り払うように、
    俺は銃を取り出し、一発ドアにぶちこんだ。
    俺と悟浄の出会いは、
    かなり最悪だったことを覚えている。

     ※出会いばかっりですみません。
       現在は違うのも書いています。

    拍手[5回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12] 
    カレンダー
    09 2018/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    重人 -カサネビト-
    性別:
    女性
    職業:
    高校生です
    趣味:
    多趣味です
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    カウンター


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]