忍者ブログ
ジャンルはカテゴリーから選択してもらったほうがよろしいかと 思われます...。荒らし、中傷的な言葉等はお控えください。以上お約束していただける方のみ、おくつろぎください(笑)。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、目を覚ますと (御堂×克哉)

    カーテンの隙間から漏れた日の光が
    眩しくて目が覚めた。 今日は土曜日だ。
    昨日いろいろ(アレも含めて)忙しかったから、
    どうやら疲れていてアラームの音が聞き取れなかった様だ。
    私にしては少し寝過ぎた。
    身体を起こすと、何かいつもしている動作が
    ひとつ足りないような気がした。
    よくよく考えれば、寒い。
    周りを見ると、今私にかかっている布団は
    昨日寒いからと用意した中布団のみで、
    メインが見当たらない。
    寒いのは当然だ。
    こうなった原因は...。
    「ん、すぅ...。す...~」
    いつも聞いている可愛い寝息をしている克哉が、
    みのむし状態になっている...、からだ。
    まさか、ここまで完璧なみのむし...、ではなくて、
    ぐるぐる巻きは初めて見た。
    昨日の夜は冷えたからと言っても、
    私の分まで奪うことはないんじゃないかと
    眠っている克哉に視線で訴える。
    まぁ、彼もわざとやったわけではないだろうし、
    仕方がないと言えば仕方がない。
    ...だが、
    「私に風邪を引かせる気か?」
    深夜の極寒の中、私はバスローブと
    薄い中布団だけをかぶっていただけだ。
    「ん、ん~...。ふふ、ん(笑)」
    「...」
    だが、昨日無理をさせたのは私だし、
    彼が気持ち良さそうにして眠っているから
    まぁ、いいかと許してしまうのが恋の
    恐ろしい落とし穴かもしれないな...。

    ──だが、克哉...、

    「布団は返してもらうぞっ」
    布団の端を引っ張ると、
    克哉は転がりながら身に付いた布団を払い、
    私の所まで転がってきた。
    「これは、私から布団を奪った罰だ。
    しばらく、君の身体で暖めてもらうからな(笑)?」
    私は暖かい克哉を抱き締めながら、
    もう一度ベッドに沈んだ。
    「ぅ~、う~...」
    しばらく私が冷たかったのか、克哉が唸っていたが...、な。

     ※また御堂×克哉ですみません。
       かなり、好きなんです。
       しかし、克哉は寝相いいと思います。

    拍手[5回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
    カレンダー
    09 2018/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    重人 -カサネビト-
    性別:
    女性
    職業:
    高校生です
    趣味:
    多趣味です
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    カウンター


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]